メディア掲載事例

お蔭様で様々なメディアに取り上げていただいています。

2009年
舵社 9/10発行 ChartRescueが航路画像等の作成に採用されました。
舵社発行『ogaogaの東京湾クルージングガイド (小川 淳 著)』の画像作成にChartRescueが採用されています。本書内で紹介されている注意個所情報は、無償でダウンロードすることができます。詳細はChartRescue・ChartViewerのページをご参照ください。
2007年
日本国際地図学会学会誌「地図」 VOL.45 No.2 2007 通巻178号 日本国際地図学会第179回例会の報告が掲載されています。
例会の第一部「海の地図」ワークショップ・瀬戸内海でChartRescueを使用して実地検証を行いました。 その時の模様が紹介されています。また、報告内の図1~3と図5はChartRescueを使用して作成されました。
(PDF 127KB)
KAZI, BoatCLUB 8月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されました。
6月号に引き続き、クルージングマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されました。今月号は東日本で、駿河湾から石狩湾までをカバーしています。
KAZI, BoatCLUB 6月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されました。
昨年に引き続き、クルージングマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されました。今年も電子海図がベースになっています。今月号は西日本で、浜名湖から沖縄までをカバーしています。
舵社 03/31発行 ChartViewerが航路画像作成に採用されました。
舵社発行『ナビゲーション大研究 GPSプロッター&航海用レーダー入門講座(小川 淳 著)』の航路画像作成にChartViewerが採用されています。
2006年
BoatClub 11月号 特集「ボートの電脳技術」で紹介されました。
AIS受信機と接続し、AIS情報を電子海図上に表示できるソフトとしてChartViewer/ChartRescueが紹介されています。
KAZI, BoatCLUB 8月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されています。
6月号より引き続き、クルージングマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されています。今月号は東日本で、北海道から七尾湾~富山湾、駿河湾までをカバーしています。
KAZI, BoatCLUB 6月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されました。
昨年に引き続き、クルージングマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されました。今年は電子海図がベースになっています。今月号は西日本で、浜名湖から九州までをカバーしています。
2005年
BoatCLUB 10月号 クルージング2005「実践から学ぶ新旧ナビゲーションの基礎知識・紙VS電子」で紹介されました。
紙海図によるナビゲーションと、電子海図によるナビゲーションの比較解説にChartViewerが用いられました。「より安全なクルージングにつながる」と大推薦をいただいています。
KAZI, BoatCLUB 8月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されています。
6月号より引き続き、クルージングマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されています。今月号は東日本で、北海道から七尾湾~富山湾、駿河湾までをカバーしています。
KAZI, BoatCLUB 6月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されました。
昨年に引き続き、クルージングマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されました。今年は電子海図、広域沿岸海域等深線データの重畳です。今月号は西日本で、浜名湖から九州までをカバーしています。
KAZI 4月号 東京ボートショーの模様が紹介されました。
国土交通省海事局ブースの「プレジャーボート安全利用情報システム」についても取材が行われました。パソコンタイプのデモ機として出展した弊社の発表エリアが紹介されています。
舵社 02/20発行 ChartRescueが釣り場ガイドに採用されました。
舵社発行「東京湾・相模湾・駿河湾釣り場ガイド50選」の釣り場画像作製にChartRescueが採用されています。釣り場の衛星写真画像に等深線情報を重畳したもので、今までにないスタイルがわかりやすいと好評とのことです。
2004年
KAZI, BoatCLUB 8月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されました。
6月号より引き続き、クルージングマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されました。今月号は東日本で、北海道から御前崎までをカバーしています。
KAZI, BoatCLUB 6月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されました。
昨年に引き続き、クルージングマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されました。今年は電子海図、沿岸の海の基本図デジタルデータの重畳です。今月号は西日本で、御前崎から九州までをカバーしています。
BoatCLUB 5月号 「[ChartViewer]の活用法とその実力を見る」で紹介されました。
バージョンアップしたChartViewerについて、船上での活用方法や新機能に関して特集されました。「筆者イチ押しのベストバイ」とのお言葉をいただきました。
KAZI 1月号 RACE「ジャパンカップ2003 サマーガール、土壇場の逆転」で紹介されました。
JAPAN CUP時、ChartRescueのココセコムGマネージャー機能を用いて全艇の動向をトラッキングしましたが、その模様が記事で紹介されました。
KAZI, BoatCLUB 1月号 ChartRescueがベースマップに採用されています。
付録マリーナ入港ガイドの索引図作製にChartRescueが採用されています。
2003年
KAZI, BoatCLUB 9月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されています。
4月号より引き続き、クルージング・シーマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されています。今月号は【日本南西部】です。
KAZI, BoatCLUB 8月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されています。
4月号より引き続き、クルージング・シーマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されています。今月号は【北日本】です。
KAZI, BoatCLUB 6月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されています。
4月号より引き続き、クルージング・シーマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されています。 今月号は【友ヶ島水道~瀬戸内(東)/若狭湾】です。
BoatCLUB 5月号 特集「電子海図クルージングに挑戦。」で紹介されました。
「クルージングを通し、ボートでの電子海図利用について考え」る、として、ChartViewerが特集されました。
KAZI, BoatCLUB 5月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されています。
4月号より引き続き、クルージング・シーマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されています。 今月号は【東海~琵琶湖】です。
KAZI, BoatCLUB 4月号 ChartRescueがクルージングマップに採用されました。
クルージング・リスクマップのベースマップ作製にChartRescueが採用されました。今月号は【東京湾・相模湾】です。
BoatyField 2月号 ChartRescue,ChartViewerが「NEW PRODUCTS」に掲載されました。
「チャートワークを無限に広げる効果的なツール」として、ChartRescue,ChartViewerが紹介されました。
ボートショーの見どころとして紹介されました。
弊社の第42回東京国際ボートショーへの出展が紹介されました。
KAZI 1月号 特集「ベーシック・ナビゲーション 知って得するナビの基本七か条」で紹介されました。
上記特集の基本その七「デジタルナビゲーションのススメ」として、ChartViewerが紹介されました。
2002年
BoatCLUB 11月号 ChartViewerが「News&Notice」で紹介されました。
「手ごろな価格も大きな魅力」と、電子海図表示システムChartViewerが紹介されました。
内航海運 9月号 ChartViewer、ChartRescueが「船と製品と技術」で紹介されました。
「パソコンの画面で海図が見られる」と、電子海図表示システムChartViewerが紹介されました。また、「電子海図上に航海情報を自由に書き込める上位システム」と、ChartRescueが紹介されました。
日本海事新聞 7/24 ChartViewerの販売開始が記事になりました。
弊社では、7月20日海の日からChartViewerを販売開始しました。 日本海事新聞に「電子海図表示ソフト発売」として製品紹介の記事が掲載されました。