マルチタスクソリューション

放送番組送出制御

24時間365日 、私たちの生活とともにあるテレビ放送に、NSSの技術とノウハウが活かされています。
デジタル放送が始まる前から放送番組制御のシステムに携わり、地上・BS・ワンセグなど、現在に至るまで、高い技術力で貢献してきました。そしてこれからもシステム開発を、テレビのように身近な存在で、NSSは支援していきます。

いままでのテレビ放送

デジタル放送開始以降、映像・音声だけでなく、データ放送などさまざまなコンテンツを電波に乗せています。 また放送形態は、アナログは終了しましたが、地上デジタル・BSデジタル・ワンセグなど多くの電波携形態があります。テレビ放送はいつも番組表通りにいつも行われるわけではありません。スポーツ放送では延長したりマルチ放送になったりします。災害等で、臨時番組を緊急に送出する場合もあります。
以上、さまざまなシチュエーションに対応するシステムは日々進化しています。そのためたくさんの放送機器が増えたり、互いに関連し機器制御が複雑化します。さらにそれらをミリ秒単位で制御するシステムの構築を、NSSは高い技術力とノウハウで支えています。
 

これからのテレビ放送

4Kテレビに代表されるようにどんどん情報量が増えていきます。 それに伴い、新しい放送機器が増え、相互に現状の機器と関連してくるでしょう。 また今まで繋がっていなかった機器との接続も行われるようになり、より正確な動作が求められます。 これらに対応するべく、NSSも進化し貢献していきます。