NSS 日本総合システム株式会社

THE NSS 新入社員研修

NSS名物?!6ヶ月におよぶ
汗と涙と笑い?の新入社員研修を語る会

新人先輩の話 NSS MEMBERS

Y.I
(2013年入社)
C.O
(2013年入社)
S.T
(講師/2001年入社)
H.K
(講師/1997年入社)
T.H
(2013年入社)
R.O
(2013年入社)

いっぱい経験者もちょっと経験者もまったくの未経験者も、6ヶ月の研修の後には、業務の現場で颯爽とデビューする戦力になる!NSSに入社した理由に掲げる人も多い、充実の新入社員研修について、2013年の春に入社し研修を終えたばかりの新入社員の皆さんと、今回、講師を務めた2人の先輩社員が語り合いました

今年の研修、どうでしたか?
Y.I:研修自体は楽しかったですね。プログラムの書き方は、大学でも勉強してましたが、やはりプロの書き方は全然違うと思いました。大学での勉強が、いとも簡単にひっくり返された感じです(笑)。単なる勉強だけでなく、現場ですぐ役立つようなコードの書き方まで教えていただき、本当に充実した研修でした。
R.O:スケジュール的に厳しいなと思ったこともありましたが、終わってみると、随分勉強になって自分自身に力がついたと感じています。プログラミングだけでなく、その前段の設計から、プログラミング後のテストまで、大学ではあまりやってこなかったことを一連の流れで学ぶことができました。
C.O:私はプログラミングは今までほとんど何もやったことのない未経験者だったので、最初の1ヶ月や、C言語からJavaに言語が変わったタイミングなどでは、結構きつくて、何が分からないのかも分からないような状態になってしまいました。でも、勉強を続けて3か月が過ぎ、研修も後半に入っていくと、だんだん書けるようになっていって、そうすると、楽しくおもしろく感じられるようになったんです。そして、研修を終えて振り返る今は、全体的に充実した楽しい研修だったなと思います。
T.H:みんなが楽しいって言ってる中、ひとり違うのですが、私は大変でした(笑)。長くて量も多くて、全部終わらせるのが大変だったなと。でもそんな風に、じっくりしっかり取り組ませてもらえるところはすごくよくて、他社ではこんなに時間をとって研修はさせてもらえないだろうなと思いました。頭で覚えるというよりも、研修が終わったころには、手が勝手に動いてしまうというか、身体にプログラミングがしみつくような感覚になっています。息をするのと同じように、プログラミングするというか(笑)。
S.T(講師):そんなにスパルタで教えたという記憶はないのですが(苦笑)、そう感じたのであれば、みんなよくがんばって取り組んでくれたなと思います。
H.K(講師):以前は、研修室があり、そこに新入社員を集めてたんですよ。が、今は研修室がなくなってしまったので、他のスタッフもいる社内のフロアに、新入社員のみんなでデスクを並べて研修してもらっています。講師の私たちは、自分のデスクで仕事をしながら、みんなをフォローする感じです。フロアのど真ん中で、なかなかみんなの視線も集まる、若干の緊張した空間で、がんばってやってもらいましたね。 研修は私たち講師にとっても本当に大変なんです。TRY&ERRORで、今年はどんな研修がいいだろうって、社員みんなで知恵を出し合って、いろいろ試してよりよい方法を常に模索しています。先ほど、スパルタだったっていう話がありましたが、昨年から、またちょっとスパルタしてみようかなと、取り組ませる問題数も年によって変えていて、30題だったり50題だったり。今年は50題ぐらいだったかな。多いと大変ですけど、Hさんが言ってくれたように、勝手に手が動くところまでいけるのかなとも思いますね。
チームワークに必要な、きれいなコードの書き方を習得
S.T(講師):プログラミング経験者でも、本当の仕事の現場で使われるプログラミングは違ったという話がありましたが、経験者であればあるほど、何らかのクセをつけてしまっているケースが多いので、これから組織の中で、チームでプログラムを作っていくことを考え、早く自分だけのクセのあるプログラミングから、みんなでどうやってきれいに作っていくかを考えられるようになってほしいと研修で伝えています。
自分自身も、数年経ってから、研修で自分の書いたプログラムを見たことがありますが、「こんなに汚い書き方してたなんて恥ずかしい」と思いました。実際に配属されて、みんなで仕事を始めるとまた違った見方ができるようになっていくので、今は分からなくても、今年のみんなもそんな風に思う日が来るかな、と思います。
R.O:研修中、自分の書いたものを講師の方に見せに行くのですが、そういった観点で指導いただくことも多くて勉強になりました。
Y.I:そうは言っても、Oさんのコードは最初から全然きれいなんですよ。
H.K(講師):そうそう、Oさんのプログラムは最初からきれいに書けてましたね。
C.O:私はまだ本当に書き方も分からないので、きれいなコードは書けてなかったと思います。
T.H:もともとコードを書いていたので、自分のダメだった部分がよく分かって、そういうところをちゃんと修正していこうと取り組みました。本当にいいものが書けるようになっていっているのか、まだ自分ではよく分かりませんが。
プログラミングの楽しさ、魅力、大切なことが分かる研修
T.H:僕は経験者にも関わらず、課題を終えるのが最後でした。やり応えのある課題が多かったこともあり、いろんなアプローチの仕方が考えられて楽しくなってしまい、ついのめり込んでしまって。。自分で自分の首を絞めてしまった感があります(苦笑)。
H.K(講師):そういう志向というのは、すごくWELCOMEですよ。好奇心や興味、関心をもって、あらゆるプログラミング方法を考え、それに没頭する感覚は、技術者には大切なマインドなので。
S.T(講師):それはそれでいいんだけど、課題の提出期限はちゃんと守ってもらわないとな、ってところです(笑)。
H.K(講師):勉強期間なので、期限だからとできるところまでしかやらないよりは、期限が守れなかったとしても自分が納得するところまでちゃんとやり遂げる方が、私はいいと思います。期限を無視して没頭できるのは、ある意味、勉強期間の今だけですしね。仕事になったら、納期の厳しさはイヤというほど分かるようになりますから(笑)。
C.O:私はこれまでの人生で、こんなに集中して勉強したのは本当に初めてでした。半年間も、毎日同じことを何時間も勉強するなんて…毎日帰るころには、頭の中がぱんぱんになって、帰っても頭のどこかには勉強したことが残ってて、寝ても夢に出てきたりして。。本当に最初の頃は大変でしたが、それが整理できるようになっていくと楽しい方向に変わっていった感じですね。研修後半には夢にも出て来なくなりました(笑)。
初めて自分が書いたプログラムで、何かが動く、動かすことができるという感覚、ひとつのコードから書き始めて最後まで完成させる、すべてを自分の手で仕上げるというところが、おもしろいし、やりがいや達成感を感じられました。
H.K(講師):内容として小さなものが多いのですが、設計も含め、最初から最後までひとりでやってもらう、そういった課題にたくさん取り組んでもらうようにしています。小さくても、最初から最後まで自分ひとりで作れば、できあがったものの出来、不出来もよく分かりますし、反省点なども見えやすく、また作り上げる喜びや達成感も、知ってもらえます。
R.O:研修期間の最後に、WEB研修があり、WEBシステムのプログラムを書いたのですが、ブラウザ上で動くシステムは自分はやったことがなかったので、とても勉強になりました。課題としても一番印象に残っています。食べログのようなシステムを作る課題だったのですが、どうやって作ったらいいか、ということから考えつつ取り組んで、分からないながらも少しずつ前進し、最後できあがって、ちゃんと動くのを見たとき、大変さはおもしろさや楽しさに変わりました。
Y.I:自分の書いたコードを講師の先生方にチェックしていただくのですが、それがちゃんと動いていたとしてもやり直しさせられてしまいます。それは、先ほどから話が出ている、チームワークに必要なきれいなコードで書けていない、とかサーバーに負荷がかかるような不要なコードが多く含まれている、といった理由なので、もちろんその重要性は十分に理解しているものの、心のどこかでは「ちゃんと動いてるのに、なんでダメなの?」と思ってしまうこともありました。性格がプログラムに出てしまうので、だいぶ雑なんです、おそらく。反省して精進していかないといけないと思っています。 でも研修では、今まで自分にはできなかったこと、どうやって作られているかさっぱり分からなかったことも、できるようになり、分かるようになることの喜びをや手応えも感じることができました。
H.K(講師):彼のコードは、最初見せに来たときは100行ぐらいあって、ちゃんときれいに書いたら半分ぐらいになるわけです。そういうことの大切さを理解してもらい、がんばってきれいなコードを書けるようになってもらいたいです。

学生に一言

プログラムってやはり寡黙に、黙々と書くイメージがありますけど、元気に笑って活力あふれるプログラマーもいいと思うので、ぜひそんなタイプの人と一緒に働きたいです。長い期間で、しっかりした内容の研修をするので、Oさんのようにまったく未経験の方でも今は全然書けるようになってますし、ぜひいろいろな方に挑戦してほしいです。

Y.I

経験者でも未経験者でも、コンピュータで動く何かを作りたい、ものづくりに興味や関心がある、ということであれば、研修でしっかり教えてもらえるので、当社なら思いは実現できるはずです。どんな方でも可能性はあると思います。

R.O

興味をもつことってすごく大事で、学ぶ力になっていくと思います。私はまだまだダメなのですが、Hくんとか、今書いているコードには関係なくても、少しでも気になると、いろいろな広がりの中で調べたり考えたりして、それがまた次にコードを書くときに生かされたりして、どんどん学んでいます。私ももっとそんな風にプログラミングに興味や関心を持ちながら成長していきたいですし、明るくて元気に、一緒にがんばれる方、ぜひ当社に応募してください!

C.O

プログラミングに興味がある人、向上心がある方には、本当にいい会社です。研修中は、技術の高い講師の方が細かいところまでちゃんとサポートしてくれて、しっかり教えてくれるし、長い期間の中でじっくり学べるので、自分自身の成長を研修の段階から感じることができました。学びたいと思う人が、ちゃんと学べる環境が整っていると実感しています。

T.H

今年の新入社員はどちらかというと経験者の方が多いのですが、未経験でも半年かけてみっちり鍛えていきますので、経験ないからダメかなとかあまり思わずに、この会社おもしろそうだなと思ったら、まず応募してみてほしいですね。私自身も未経験で入社しましたが、今は講師をするまでになってますよ(笑)。

S.T(講師)

やっぱり、みんなからも話がでていますが、ものづくりが好きな人に向いている会社だと思います。経験、未経験はあまり関係なくて、むしろ未経験者の方が斬新な発想が飛び出すことがあったりしておもしろいんです。経験者は、経験ゆえにできあがった考え方になってしまいがちですから。未経験のOさんは、何ものにもとらわれず自由でしなやかな発想をもっていました。研修中、えっ、そんな風に考えるんだ、ってびっくりさせられたことがありました。お、挑戦的!とも思いましたが(笑)、うれしい驚きでしたね。そして、日々進化していく業界ですから、常に勉強していないと追いついていけません。向上心は不可欠ですね。いろいろなタイプの人が集まり、いろいろなスタイルで切磋琢磨していけたらなと思います。

H.K(講師)

<NSS WOMEN TALK>をチェック!

PAGE TOP