NSS 日本総合システム株式会社

個を見てくれる人間味あふれる上司、
働き甲斐が感じられる職場。

K.O
 (2007年入社)

新人先輩の話 NSS MEMBERS
現在の仕事内容について
ここ数年は、製造業向けパッケージソフトのカスタマイズを専門に担当しています。先月までは、お客様の事業所内に常駐し、パッケージソフトのカスタマイズ案件について、要件定義から基本設計の工程までをお手伝いしていました。現在は、お客様のもとで設計した内容をベースに、実際のカスタマイズの詳細設計から実装、テストを行うプロジェクトのリーダーを務めています。
現在の立場で求められるもの
私が担当しているパッケージソフトは、その開発ができる技術者が日本に少ないこともあり、直接お客様から要件をヒアリングしながら、必要に応じてその場で開発の費用感などをお伝えすることもあり、お客様からエンドユーザー様の会社への出張同行を依頼されたりもします。そういう現場では、コミュニケーション能力や交渉力が重要になってきます。また、いちプログラマーとして、カスタマイズ技術を後輩やプロジェクトメンバーに展開することも意識しながら、プロジェクトを進めています。
1日の仕事の流れ
特に決めていませんが、どんなに自分がタスクを抱えていても、お客様からご質問・ご要望を受けた場合は、それを最優先に実行することを心がけています。また、常駐先で作業する場合には、1日の終わりに必ず先方の担当者に口頭で進捗を報告することも忘れません。 お客様の状況に合わせて対応することを心掛けています。
NSSを選んだ理由
就職活動ではシステム業界という業種は絞っていました。でも、最初の頃、NSSはいろいろ参加した説明会の中の1社にすぎませんでした。興味、関心を持ち始めたのは、当時の採用担当の方がとにかくとても優しく接してくれたのが印象的で、こういう和やかな人たちのいる職場で働きたい、と思ったのがきっかけです。とにかくプログラム関連の仕事ができればよいと思っていたので、他はあまり深く考えず直観を信じて入社しましたが、NSSを選んでよかったと思っています。あと、フレックスタイム制なのは魅力でしたね。
NSSの良いところ
“個”を見てくれる人間味あふれる上司がいること。これは私にとってはとても大切なことであり、NSSが働き甲斐のある職場だと思える一番の理由です。 また、月並みですが、新人研修期間が長いので基礎をしっかりと身につけられるところも魅力のひとつです。学生から社会人になるという気持ちの切り替え期間でもあるので、長い研修期間には安心感がありました。
入社から現在までのステップ
アップ
配属されてからすぐに、現在携わっているソフトのカスタマイズについて学べる案件に入れていただき、少しずつ知識をつけられたおかげで、今では前線で活躍できる技術が身につけられたと思っています。場合によっては、別の技術の案件を掛け持ちすることもありましたが、そこはそこで設計書など資料の作成に厳しい先輩がいて勉強になったりと、それぞれの案件で今に至るまでに必要な知識と技術が身につけられたと思っています。
失敗とそこから学んだこと
入社当時は、配属されたプロジェクトでの自分の作業やスケジュールを間に合わせることだけに目が向いていたため、リーダーがスケジュールを引き直したり、自分の作業が追加されたりすると、正直に言ってイライラすることもありました。しかし、実際にリーダーとお客様との打合せに参加する機会をいただいたとき、お客様の要望に応えようとする先輩方の姿勢を見て、プロジェクトの成功にとって顧客満足度がいかに重要かを理解することができました。それからは、お客様あってこその仕事なんだという考えを常に持つようになりました。
先輩のここがすごい
得意先のお客様と良好な関係を築き、何年も継続して仕事をもらっている先輩を尊敬しています。長い付き合いの中で失敗することもあるとは思いますが、誠意をもって対応した結果が今の関係につながっているのだと思います。自分もお客様とそういった関係を築くことを目標にしています。また、私は先日子供が生まれたばかりということもあり、忙しい案件にはなるべく配属しないでほしいという要望を出しているのですが、できるだけお客様の要望に応えようと仕事とプライベートを上手にコントロールしている先輩を見ると頭が下がります。
ここが大変・ここが楽しい
最近は上流工程に携わることが多くなり、直接お客様とやり取りする機会が増えました。上手く成果を上げられたときに社外の方にお褒めの言葉がいただけるのはやはり嬉しいですし、仕事が楽しいと感じる瞬間でもあります。反面、自分の行動がNSSという会社の行動として見られるので、責任という緊張感はありますが。最近あった大変なことは…つい先日、お客様の緊急対応で、部の飲み会に行けなかったことぐらいでしょうか(笑)。

学生のみなさんに一言

持論ですが、就職と結婚は似ていますよね。理想ばかり追い求めすぎると、生涯の伴侶に出会うことなく、または出会ってもすぐに別れを迎えてしまいがちです。まずは、縁やひとめ惚れなどをきっかけに会社に入ってみて、それから自分や周りを変えていく努力をしてみてはいかがでしょうか。それから、学生時代の友達は大事にしましょう。私は社会人になった今でも、頻繁に会っています。自分の年代の別の職種の人たちの話を聞くと、それぞれに良い面・悪い面が見えていつも気持ちが引き締まります。

PAGE TOP