お知らせ

お知らせ2014年4月10日
平成24年度VMD賞 受賞者決定
日本総合システム(株)では、VisualMerchanDiserを授業でお使いいただいている学生を対象に、『VMD賞』を贈賞しています。
第9回目となる今年度は、VMDソフト導入から10年以上経過する代表校より作品を選出していただきました。
受賞者の皆様には僅かですが記念品を贈呈させていただきます。
おめでとうございます!




 
文化学園大学

受賞者:近藤 桃加 様  (服装学部 服装社会学科 FBコース)


◆選考理由◆
ベースカラーに対してアクセントカラーのメリハリが明確にアピール出来ていると同時に、壁面のカラー構成も無理なく調和しています。

◆選考者◆
文化女子大学 教授 松平 寿美枝氏



 

受賞者:中馬 左麟乃  (服装学部 服装社会学科 FBコース)


◆選考理由◆
壁と床をグレーにして、秋/冬の商品はモノトーン系にワインとブルー、春/夏の商品はモノトーン系にオレンジとブルーでシーズンの繋がりも良く考えられています。

◆選考者◆
文化女子大学 教授 松平 寿美枝氏


※今年度は2名が輩出されました
 

 
名古屋ファッション専門学校

受賞者:的場 菜月(ファッション流通科 ファッションビジネスコース)


◆選考理由◆
実物のアイテム約100品番を予め用意し、それらのアイテムをどのようにセレクトするかを、ブランドターゲット、品揃え計画、販売計画、販売促進提案を含めて考えさせる課題です。各自バイイングしたアイテムを販売する新店舗のオープン計画を立てさせ、VMDで製作したショップのシュミレーションをパワーポイントに貼り付けプレゼンテーションを行っています。今年度の受賞作品は店舗レイアウト、什器などはシンプルにまとめながら、課題の重要ポイントである店舗内のVP、陳列に対する考えがまとまっており、お客様が見やすく、買いやすい売り場づくりができていた点を評価しました。

◆選考者◆
名古屋ファッション専門学校 佐藤 弥生氏 ・ 鈴木 志津子氏


 
※課題のパワーポイント資料の一部を抜粋させていただきました。
売上に直結する仕入・陳列・販売計画が、丁寧に上手くまとめられています。