お知らせ

お知らせ2006年3月30日
平成17年度VMD賞 受賞者決定
日本総合システム(株)では、VisualMerchanDiserを授業でお使いいただいている学生を対象に、『VMD賞』を贈賞しています。
第2回目の今年度は、4校にご協力いただき、下記の皆様が受賞の栄に浴されました。
受賞者の皆様にはVMDトロフィーと粗品を贈呈いたします。




 
北海道ドレスメーカー学院
立石 晴香 様(ファッションデザイン科ファッションビジネスコース)

選考理由:
ショップの立地条件や集客の状況のなどを良く考慮し、親しみやすいイメージの店舗計画や、シーズン性をを重視した品揃え計画が立てられたため。

 

文化学園大学

福川 結 様(販売企画科)


企画内容
『新店出展計画』 オーガニックコットンを使用し、肌に優しい素材の商品を提供する店舗。

選考理由:
マーケティングリサーチから商品展開計画、ショップレイアウト、販売計画までの、トータルで審査しました。 ターゲットは、ニキータ・レオン層で、オリジナル企画の商品の他、インポートのアンダーウエアーが展開されています。
ショップの立地条件や集客の状況のなどを良く考慮し、親しみやすいイメージの店舗計画や、シーズン性をを重視した 品揃え計画が立てられており、具体的で実際の売上予測のたつ企画ということで、優秀賞に選ばれました。壁面のポスターも写真撮りからレイアウトまで全てオリジナルです。


マロニエファッションデザイン専門学校

藤村 絵里 様(ファッションビジネス学科マーチャンダイザー専攻)


選考理由:
今期も昨年度と同様、既存店の再現と改善がテーマで6店舗を発表しました。受賞作品に関しては、6店舗内の中で、限られた什器で忠実に店舗を表現、かつ改善内容もシンプルで明確です。レイアウトも全体的にバランスが良いのと、変則的な壁面まわりを工夫して作成のが決め手です。
 

国際ファッショントータルビジネス専門学校

涌井 明日実 様(スタイリスト科)


選考理由:
ショップコンセプトとショップの商品構成が良く考えられているところ。