ピックアップパーソン

Pickup Person

先輩社員から多くを学びスキルアップ。
働きやすい職場環境も魅力。

A.N

(2013年入社)

どういう基準で転職活動をしたのか

自社パッケージ製品を開発しており、技術力に強みを持っている会社でスキルアップしたいと思い、転職活動をしました。

最終的にNSSを選んだ理由

面接で総務や現場の方と話をして、自分のスキルや希望と、求めているとされる人材像が近く、環境的に働きやすい職場であると感じたのが大きな理由です。具体的には、私はそれまで詳細設計~テストの比較的下流工程を担当することが多かったので、スキルアップのためには、基本設計等の上流工程の経験も積みたいと考えていて、それを受け入れてもらえたため。そして、将来的に、マネージメントだけではなく開発も続けたい、という希望がNSSの考え方と合っていたためです。

現在の業務内容(入社前の希望通りか)

電子取引の決済サービスを提供している会社のシステム開発を担当しています。入社前に希望していた基本設計等の経験という点においては、現在の業務で一部担当することができ、勉強になっています。先輩社員の仕事を見ても、多くを学ぶことができていますし、仕事の環境などにも満足しています。

業務に対してのやりがい

現在開発しているシステムが、社会にどのように役立っているかをイメージすることができる内容であること、また開発の中で自分の仕事に手ごたえを感じることができ、自分が役に立っていると感じられること、などにやりがいを感じます。相手側システムとの疎通・データ連携が正常に行えた時など、成果がはっきりと形に現れた時などにもやりがいを感じます。

NSSの良いところ

福利厚生面が充実しているのは素晴らしいです。フレックスタイム制度がきちんと実施されていて、みんなうまく活用しています。その他にも、リフレッシュ休暇や時短勤務なども充実しており、働きやすい職場環境が整っています。部活動などを通じて、他部署の社員とも交流を持ちやすいことも良いと思います。会社が部活動に対して部費を補助していて、中途入社で同じプロジェクト以外の方と接する機会が少なくても、部活動を通じて親しくなれるため、個人的にはとても助かっています。ちなみに、私はビリヤード部に入っています。

PAGE TOP

ものづくりに対する信念に共感。
幅広い業務に携われる配属にも満足。

S.M

(2012年入社)

どういう基準で転職活動をしたのか

いくつかありますが、お客様や社会に対して誠実な会社であること、経営が安定していること、親会社などのしがらみや派閥など政治的なしがらみにとらわれない体質の会社であること、自分の経験・スキルが活かせること、といったポイントをチェックしながら、転職先を探しました。中でも、会社として信頼できるかどうか、ということは重要視しました。

最終的にNSSを選んだ理由

ものづくりに対する姿勢や取り組み方が真剣で、お客様の視点でもよく考えるといったあたりに、共感がもてました。また、全体的に技術レベルが高いと感じることもできたため、会社として、経営の安定感もあると思いました。いろいろな技術分野の開発をしており、今後、自分自身が多くの経験を積むことができ、スキルアップも図れるとイメージできたのも大きな理由のひとつです。会社の空気も、実際に入社する前からもっていたイメージとほとんど同じで、いろいろな面でこの転職は正解でした。

現在の業務内容(入社前の希望通りか)

入社前の希望通りで非常に満足しています。特定のことしかできない職場よりも、関われることには何でも挑戦させてもらえる職場を希望していました。実際に、手を挙げればどのようなこともできる会社全体的な雰囲気があります。特に自分の所属する部署はパッケージ製品を直接販売しており、お客様や代理店とのセールス交渉から製品企画、ソフトウェア開発、サポート部門まで幅広く業務を展開しているため、いろいろな面で業務に関わることができ、配属についても理想通りです。

業務に対してのやりがい

開発者としては、新しい技術に触れることや、いろいろな課題を多面的に解決していくというところにやりがいを感じます。また、SEとしては、お客様と接して、お客様にどのように自分の作ったものを使っていただけているか、どのような点で満足していただいて、どのような点に不満を感じているか等を受け取って、それを製品開発に活かすという、ユーザーの見えるところで業務を進めることができるというところにやりがいを感じます。

NSSの良いところ、改善点

技術力が高く、お客様に対して誠実で、社員が論理的な思考で業務に臨んでいるところは良いところだと思います。そして、ものづくりに対して信念を持って取り組んでいるのも素晴らしい点だと思います。ただ、個人のスキルが高い一方で、若干チーム力に欠ける面があるように感じています。若手の育成、成長促進についても、本人への依存度が高いようなので、組織的な力をよりつけると、さらに強い会社になると思います。

PAGE TOP